So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

盛夏の尾瀬ヶ原 【3】 空撮編 ★動画を追加★ [尾瀬]

 盛夏の尾瀬ヶ原の3回目は恒例の空撮です。今回は久しぶりに青空が長く続いていたのでドローンを飛ばすにはちょうど良かったです。ただもう緑も盛夏の色合いになっているので昼間飛ばすにはイマイチな感じでした。2日目の朝はガスが濃かったのですがその上は晴れて朝焼けしていると思われたので、飛ばして見たら素晴らしい光景となっていて飛ばしながら感動してしまいました。

 動画の方はまたのちほど編集してアップしたいと思います。

【機材: ドローン DJI MAVIC Air】

※国交省の全国包括許可取得済み。

※東京パワーテクノロジー/尾瀬林業への連絡調整済み。会津森林管理署南会津支署の許可申請済み。

※そのほか関係各所連絡済みです。

↓↓ 初日の夕焼けも良かったのですが、低空の雲が多くて上層の色づいた雲を隠してしまってました。 辛うじて池塘に映り込んだ夕焼け雲を狙ってみました。場所は上田代のゆるぎ田代です。

DJI_0119a.jpg

↓↓ そして、翌朝、濃いガスの上は素晴らしい朝焼けが広がっていました!! ちょっと鳥肌がたったくらいです。雲海もピンク色に染まって美しいです。

DJI_0136a.jpg

↓↓ 日の出の瞬間は逃してしまいましたが、まだガスが漂う中の御来光。これまた素晴らしい光景でした。 下の湿原は中田代です。

DJI_0145a.jpg

↓↓ 上田代まで戻ってきてすこし低空から撮影。いや~もう美しすぎでした!!

DJI_0155a.jpg

↓↓ こちらは動画からのキャプチャーです。 牛首山の付け根の影が伸びているのが幻想的ですね。

DJI_014300h02m19s13a.jpg

↓↓ こちらも動画からの1枚。 上の大堀川の拠水林の影がガスに伸びて綺麗です。

DJI_015200h01m57s50a.jpg

↓↓ 遅い午後、龍宮小屋付近を空撮。

DJI_0102a.jpg

↓↓ 中田代のとある池塘群を映したものですが、円の付近を拡大すると、大久名木材があるようです。昔の木道か何かでしょうか? 倒木の可能性もありますが・・・。

DJI_0178a.jpg

DJI_0177s.jpg

↓↓ こちらは、下田代のネムロコウホネがあると言われる池塘ですが、電波の関係でこれ以上降下出来ませんでした。これでは判らないですね・・・(^-^;)

DJI_0163a.jpg

↓↓ こちらは、いわゆる定番ポイントの池塘群です。名だたるアマチュア、プロカメラマンがこぞって狙ったという場所ですが最近はあまり撮る人も居なくなったように思います。

DJI_0108a.jpg

↓↓ いつものように動画を編集しました。 今回は朝の光景がメインになっています。タイトルは気にしないでください(^_^;)


nice!(13)  コメント(7) 

盛夏の尾瀬ヶ原 【2】 お花編 [尾瀬]

 さて盛夏の尾瀬ヶ原2回目です。 湿原はくっそ暑かったですが、花たちは負けずにいろいろ咲いていました。拠水林などの草地でもいろいろ咲いていますが、山間部の登山道では端境期でかなり寂しいです。

 全体的にはまだ夏の花がありますが晩夏の花も咲き出していて、くっそ暑い中でも尾瀬の季節は晩夏へ移り変わろうとしているようです。

 今回はお目当てのコイチヨウランやツリシュスランを期待していましたが、どちらもまだ開花してませんでした。先週末の状態だと咲いてると思ったのですが・・・ 

【機材: Nikon D500/SIGMA 17-70㎜F2.8-4 DC MACRO HSM/Nikon P510】

↓↓ 晩夏の花のオゼミズギクが咲きだしました。

DSC_0403a.jpg

↓↓ サワギキョウも咲き出しました。

DSC_0070a.jpg

↓↓ ミヤマワレモコウは初秋を感じます。 とまっているのはアキアカネ。

DSC_0114a.jpg

↓↓ ヨツバヒヨドリ

DSC_0391a.jpg

↓↓ サケバサワヒヨドリ。 ヨツバヒヨドリより葉が細く咲けたように見えます。

DSC_0394s.jpg

↓↓ トモエソウ

DSC_0055a.jpg

↓↓ イブキトラノオ

DSC_0053a.jpg

↓↓ ヒツジグサ。しっかり14時(羊時)に咲きますね(^-^;)

DSC_0448s.jpg

↓↓ 朝露がついたキンコウカ。

DSC_0376s.jpg

↓↓ 透過光で透けて綺麗なコバギボウシ。

DSC_0341a.jpg

↓↓ 水滴が宝石のようなドクゼリ。

DSC_0325s.jpg

↓↓ オオウバユリ。 甘い香りがします。

DSC_0417a.jpg

↓↓ オゼヌマアザミ

DSC_0397s.jpg

↓↓ ヒメシロネ

DSC_0437a.jpg

↓↓ ミズオトギリ。 15時~18時くらいの数時間にしか開かないので日帰りでは下山時間、泊まり客も部屋で寛いでいる時間で見る人は少ないと思います。

DSC_0077a.jpg

↓↓ やっと中がみえるくらい開いたヒメザゼンソウ。ほんとに20年ぶりくらいにしっかり見ました。

DSC_0453a.jpg

↓↓ オゼノサワトンボ

DSC_0408a.jpg

↓↓ ヤチラン。 とても珍しく見つけにくいのに同じ所に3本も出てました。

DSC_0381a.jpg

↓↓ そして樹上に着生している、ツリシュスラン (ヒロハツリシュスラン)。まだあと少しで開花って感じでした。無念。

DSCN8426s.jpg


次回は、空撮編です。


nice!(5)  コメント(1) 

盛夏の尾瀬ヶ原 【1】 風景など [尾瀬]

 前回の尾瀬から1週間後でしたが、ホタルと樹上のランが見たくてまたまた行ってしまいました。 しかし早朝の電車では人身事故で予定のバスに乗れず1時間遅れで鳩待峠に到着。たたでさえ時間が無いので1時間ロスは大きいです。 天気も午後から雷雨の予報に変わってしまいお昼をした頃にはモクモクした雲が出て遠雷もしていました。幸い雨には降られませんでしたが・・・ 夕焼けはイマイチで、ホタルも夜の気温が下がってしまった影響もあり昨年よりかなり少なくてイマイチでしたが何とか見て撮影は出来ました。

 翌日の朝焼けはまずまずで空撮しましたら、なかなかいい光景を撮ることが出来ました。これはサプライズでしたね。尾瀬ヶ原はキンコウカが最盛期で、オゼミズギクやサワギキョウも咲きだして花だけ見れば晩夏ですが、とにかく尾瀬にしては猛暑で暑くて参りました。 そして肝心の樹上のランは、まだ開いて無くてガッカリ・・・ さすがに3連チャンは止めときますが・・・心残りではあります。 

【機材: Nikon D500/SIGMA 17-70㎜F2.8-4 DC MACRO HSM】

↓↓ 南側のアヤメ平から燧ヶ岳にかけて積乱雲が発達していて夏らしい光景ですけど、遠雷もしてました。

DSC_0061a.jpg

↓↓ 少し崩れた積乱雲ですが池塘に映り込むその姿はやはり盛夏って感じですね。

DSC_0102a.jpg

↓↓ 上田代も新緑の頃の初々しさはなく少し色浅い感じに見えます。

DSC_0445a.jpg

↓↓ 咲き残っていたキスゲと夏雲。

DSC_0096a.jpg

↓↓ ヤマドリゼンマイもすっかり夏の色です。

DSC_0424a.jpg

↓↓ キンコウカが最盛期です。

DSC_0073a.jpg

↓↓ 朝靄残る竜宮十字路

DSC_0331a.jpg

↓↓ 夕方は低空の雲が邪魔をして夕焼け雲が綺麗に見えませんでした。

DSC_0159a.jpg

↓↓ 見本園の通路を飛び回るホタル。

ホタル1a.jpg

↓↓ 天の川に沿って飛んでくれました。 こういうのをもっと撮りたいのですがあまり数も少なくあまり飛び上がりません。草むらでは沢山光ってるのですが・・・

DSC_0192a.jpg

↓↓ 至仏山を背後に・・・左右の草むらには沢山いるのですが・・・

DSC_0206a.jpg

↓↓ 翌朝は、尾瀬らしいガスガスでした、ガスの上空はピンク色に焼けているのはわかりましたが、地上ではイマイチ・・・ドローンを飛ばすと素晴らしい光景が広がってしました。そちらはまたのちほど・・・(^-^;) 地上では御来光の頃には数も薄れてくれました。

DSC_0276a.jpg

↓↓ まだうっすら霧が漂う中の御来光は美しいです。

DSC_0282a.jpg

↓↓ 光る木道

DSC_0285a.jpg

↓↓ 中田代に移動するとまだまだガスが漂って幻想的です。

DSC_0298a.jpg

↓↓ 薄らですが白虹も見ることが出来ました。こちらはiPhone8の画像です。

白虹.jpg

↓↓ 山の鼻付近では熊の出没が多発していて人慣れしているのでなかなか逃げません。夕暮れの撮影から帰るときに木道上を歩く熊を発見。手を叩いても逃げないので困ってしまいました。大人の熊のようです。

DSC_0161s.jpg

DSC_0164s.jpg


次回は、お花編です。


nice!(6)  コメント(2) 

夏の尾瀬縦断 【3】空撮など [尾瀬]

 さてさて、恒例の空撮ですが、キスゲの群生を空から撮りたかったというのもあり台風接近でしたが突撃したわけです。しかし、いざ飛ばしてみると予想通り隙間があるので高度を上げると余計に隙間の方が目立ち群生に見えなくなってしまいました。むかしのようにもっと密集して咲いてくれないと空撮写真としてはなかなか難しいですね。動画も撮っていつものように編集してYouTubeにアップしました、今回は地上からの動画もいくつか撮ってあったのでそちらも織り交ぜて編集しました。やはり地上からの方が綺麗です(^_^;)

 写真は僅かなので、大江湿原で見かけたバンビの写真なども追加しました。

【機材: ドローン DJI MAVIC Air / Nikon P510】

※空撮においては、国交省の全国1年間包括許可取得済み。会津森林管理署南会津支署の許可済み、そのほか関係各所への連絡済みです。

↓↓ これくらいの高度と角度でないと空からでの群生には見えないです。びっしり咲いていたら絵になるでしょうね。

DJI_0092a.jpg

↓↓ 展望テラス付近も久しぶりに群生していますし、川の右側も少ないけど全域にわたって点々と咲いているので回復している証拠です。こちら側もいっぱい咲けばかつてのような光景になるのですが。

DJI_0084a.jpg

↓↓ 第二ベンチ付近ですね。ここも意外と咲いてましたし、その奥も木道沿いに沢山咲いてました。

DJI_0083a.jpg

↓↓ 第1ベンチ上空。この高さまで上がるとキスゲはさっぱりわからなくなります。昔のように隙間なく咲いていれば黄色い絨毯に見えるのです。2000年以前だと燧ケ岳から大江湿原を見ると全体が黄色く見えたくらいです。

DJI_0075a.jpg

↓↓ 奥っ沢上空。個人的に尾瀬沼での定番空撮ポイントです。晴れてるときに飛ばしたかったですが、風が強まって無理でした。

DJI_0072a.jpg

↓↓ 左にカメラを向けると施設群ですが、工事中でなんとも雑然としています。新ビジター以外にも電源施設を作るようで左下の方でも工事をやってます。

DJI_0073a.jpg

↓↓ そして、動画です。



↓↓ シカ柵で入れないようになってるはずですが、大江湿原に隣接する奥っ沢湿原の奥の方で飛び跳ねるシカを見つけました。撮影するとバンビちゃんでした。親もいるはずですが姿は見えません。子供だけ柵の隙間から入った可能性もありますが、親も入ってると食害されてしまいます。

67373949_2476041802623743_4920930990953594880_n.jpg

67396242_2476041819290408_3999758130568232960_n.jpg

67833424_2476041812623742_5196330538855563264_n.jpg


nice!(8)  コメント(0) 

夏の尾瀬縦断 【2】 花編 [尾瀬]

 さてさて、今回はキスゲばかりが目立ちますが、他にもいろいろな花たちが咲いていました。キスゲだけで無くそういうのもしっかり撮影してありますので、出来るだけ多く掲載したいと思います。 特にこの時期の湿原はラン類が多くラン好きには天国のような状態です。

 湿原ではキンコウカやコバギボウシ、コオニユリも咲き始めて晩夏の雰囲気です。さらにワレモコウも咲いてましたし、初秋の雰囲気さえ同居する感じで季節の移ろいはとても早いです。8月も終わるといよいよ秋の雰囲気になっていよいよ尾瀬の花シーズンも終盤戦となります。

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4 DC MACRO HSM/Nikon P510】

↓↓ クガイソウにとまるヒョウモンチョウ。後ろの花はオニシモツケです。

IMGP8359a.jpg

↓↓ ミヤマオダマキ

IMGP7887a.jpg

↓↓ クロバナロウゲ。 今年は少ない感じです。

IMGP8303a.jpg

↓↓ ノアザミ

IMGP7935a.jpg

↓↓ 尾瀬ヶ原ではキンコウカが見頃になってきました。

IMGP8245a.jpg

↓↓ コオニユリ。鮮やかな花はよく目立ちます。

IMGP8064s.jpg

↓↓ こちらは、クルマユリ。写真には写ってませんが根元の方の葉が輪生についているのが特徴です。

IMGP8350a.jpg

↓↓ ナガバノモウセンゴケ

IMGP8327s.jpg

↓↓ オトギリソウ

IMGP7940a.jpg

↓↓ コケオトギリ。かなり小さいです。

IMGP8244a.jpg

↓↓ ノリウツギ

IMGP8316a.jpg

↓↓ オヒルムシロ。 ちょっとマニアックな花ですが、これも尾瀬の花です。

IMGP8199a.jpg

↓↓ タカネアオヤギソウ。 至仏山にはムラサキタカネアオヤギソウというのもあります。

IMGP8116a.jpg

↓↓ オゼコウホネ。 ことしはちょっと不作のようです。

Dscn8389a.jpg

↓↓ ヒメザゼンソウ。 20年ぶりくらいに見ました(^-^;) 草に紛れてしまい葉も枯れてから咲くので見つけづらいです。

IMGP8357a.jpg

↓↓ ショウキラン  ちょっと見頃は過ぎてましたが今年もなんとか見ることが出来ました。

IMGP8225a.jpg

↓↓ コアニチドリ  小さい花ですがクリオネみたいなピンクの花が可愛いです。

IMGP8265a.jpg

↓↓ カキラン

IMGP8259a.jpg

↓↓ コバノトンボソウ  距が上に反り返るのが特徴。

IMGP8220s.jpg

↓↓ ホソバノキソチドリ。 距が下に下がるのが特徴。

IMGP8112s.jpg

↓↓ オオヤマサギソウ

IMGP8279s.jpg

↓↓ ミズチドリ

IMGP8248a.jpg

↓↓ テガタチドリ 尾瀬では見れる場所は少ないです。 

IMGP8126s.jpg

↓↓ ヤチラン。 まだ咲き始めたばかりでしたが今年も見ることが出来ました。とにかく小さいので見つけにくいです。

IMGP8291s.jpg

↓↓ ツリシュスラン (ヒロハツリシュスラン) まだ蕾でしたが今年も沢山花がでてましたので楽しみです。

DSCN8381a.jpg


ランは、他には、ネジバナ、トキソウ、サワラン、ヤマサギソウがまだ咲いてました、林床ではキソチドリ、アリドウシランがそろそろ咲きそうです。



nice!(8)  コメント(2) 

夏の尾瀬縦断 【1】 キスゲキスゲ!! [尾瀬]

 尾瀬沼の大江湿原のニッコウキスゲがかなり久しぶりに豊作と聞いてウズウズしていましたが、最悪にも台風崩れの熱帯低気圧が接近して大雨の予報が出ていましたが、土曜日の日中には少し晴れるのでは?という予想も。ほとんど賭けでしたが思い切って出掛けてきました。天気が悪いので満席だった夜行バスと沼のテントもキャンセルが出てたので予約することが出来ました。今年は残雪期以来の尾瀬沼入りです。

 土曜日の朝のうちは小雨でしたが急激に晴れ間が広がり予報通り。いや、晴れ間を通り越して晴天状態で夏らしい青空が広がって久しぶりの素晴らしいキスゲの絨毯と青空を撮ることが出来ました。こんなの撮影出来たのはもう10数年ぶりです。情報どおりの豊作でかなり広範囲に群落が広がっていて見事です。湿原を囲むシカ避け柵の効果が出てきました。このまま回復すればかつての大群生も夢では無くなってきました。何年かかるかわかりませんが楽しみです。

 翌日には尾瀬ヶ原も縦断しましたが、おまけみたいなもので、とにかくキスゲ群落の撮れたのが大収穫です。キスゲばかりの写真ですが、多めに並べて見ました。

【機材: K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4 DC MACRO HSM】

↓↓ 湿原に入るなり黄色の絨毯が広がりテンションマックスです(^o^)/ 山頂を覆っていた雲もとれて大勝利って感じで撮りまくりました。

IMGP7984a.jpg

↓↓ 第2ベンチちかくの展望テラスです。このあたりもとても多くてかつての群生を想い出しましたが、もう何年も群生してなかったのでこの数はびっくりです。あちら向きの花が多いのはなぜだろう(^_^;)

IMGP7966a.jpg

↓↓ 大江川の右側が特に多い事が多かったですが今年は左側にもパラパラですがかなり咲いていました。しかし、青空がよく映えますね。

IMGP8014a.jpg

↓↓ 群落ばかり撮らないでたまには単体でも撮影。

IMGP7926a.jpg

↓↓ ご覧のようにこんな風に群生しているのはほんとに久しぶりです。いつも左側だけでバランスが悪かったのですが今年は違いました。どこにレンズを向けても絵になります。なので困りました撮り疲れました(^-^;)

IMGP7960a.jpg

↓↓ この広がりがもう感涙ですね(^-^;)

IMGP7930a.jpg

↓↓ 三本カラマツともいい感じに絡められます。

IMGP7907a.jpg

IMGP7975a.jpg

↓↓ 少し日が傾いたころです。青空はなくなってましたが、逆光の光りがキスゲの花を透過させてまた違う綺麗さになります。

IMGP8092a.jpg

IMGP8095a.jpg

↓↓ 翌朝は雨でしたが、濡れたキスゲの花もなかなか味わいがあります。

IMGP8074a.jpg

IMGP8177s.jpg

↓↓ 土曜日の夕暮れ、すっかり曇ってしまい夕焼けは諦めていたのですが急に晴れ間が出て上層の雲が焼けてくれました。

IMGP8154a.jpg

IMGP8148a.jpg

↓↓ キスゲばかりではなんなので、ちょっとだけ他の風景も。 こちらは沼尻です。ちょうど太陽光が雲間から差し込んだ瞬間です。

IMGP8205a.jpg

↓↓ 尾瀬ヶ原の定番ポイント。キンコウカやコバギボウシが咲きだして晩夏の雰囲気が漂います。

IMGP8306a.jpg

↓↓ 小雨降る中を足早に縦断して上田代に来る頃には急激に晴れてきて夏空となりました。 陽が出ると蒸し暑くて参りました。

IMGP8329a.jpg


次回は、キスゲ以外のお花たちです。


nice!(7)  コメント(6) 

新緑の尾瀬ヶ原と至仏山 空撮動画 [尾瀬]

 7月6日~7日に尾瀬に行った時の空撮動画をいつものように編集してYouTubeにアップしました。今回は至仏山編と尾瀬ヶ原編に分けました。2日間とも天気はあまりよくなくいわゆる梅雨空でしたが、まあ梅雨らしい尾瀬の光景が撮れたのではないかと思います。至仏山では東面登山道の水場付近から山頂までを空撮しました。尾瀬ヶ原では新緑になった湿原の様子を空から捉えました。ヤマドリゼンマイの群生は空から見ても綺麗です。

【機材: ドローン DJI MAVIC Air】

※国交省の一年間全国包括許可取得済み。

※東京パワーテクノロジーへの連絡調整済み。

※利根沼田森林管理署の許可取得済み。

※そのほか、関係各所への連絡済み。


↓↓ 至仏山編です。 通りがかりのツアーの方にドローン来たら手を振ってと言いましたら振ってくれました。見ている方がいましたらこの部分の動画もしくは写真を提供いたしますのでご連絡お待ちしています。


↓↓ 尾瀬ヶ原編です。 緑色の絨毯になった上田代や中田代を飛んでみました。



nice!(5)  コメント(4) 

第2回アカショウビン遠征 【5】 (動画付き) [ヤマセミ/野鳥]

 さてさて、7月のアカショウビン遠征の写真もラストです。 前回の続きから、少しずつ近づいて来てくれて至近で撮影することが出来ました。ただ森の中で逆光でもありあまり感度は下げられずでしたが、至近だと感度が上がってもやはり綺麗ですね。それに強烈な太陽光があたってないのでアカショウビンの赤色も綺麗に見えます。 頻繁に出てくれたのは午前中だけでしたが今シーズン最後の撮影日としては良いショットが沢山撮れた半日だったと思います。また来年ですね。

 最後に、動画も少し撮ってあったのを編集してYouTubeにアップしました。初日の雨の中の幼鳥のシーンも少し入れてあります。

【機材: Nikon D500/SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM】

↓↓ 前回の写真から一時見えなくなりましたが20分くらいしたらに急にこちらの方へ飛んできました。なかなかの至近です。直接太陽光を浴びないので赤色も綺麗に見えますね。 (ノートリミング)

DSC_9788a.jpg

↓↓ 大きく拡大してみます。感度はISO3200まで上がってますが近いのでさほど荒れてないです。(トリミング)

DSC_9782s.jpg

↓↓ そして、さらに手前に移動してきました!! が、角度的にかなり上なので体勢が辛いです(^-^;) (ノートリミング)

DSC_9803a.jpg

↓↓ 鳴いてません、ただの欠伸のようです(^-^;)  (ノートリミング)

DSC_9808a.jpg

↓↓ 更に近いですが、殆ど真上で辛い、しかもド逆光・・・  (ノートリミング)

DSC_9815a.jpg

↓↓ 少し離れましたがまだたま至近です。今度は光線具合も良いです。餌を探しながら移動しているようですがめぼしい獲物は見つからないみたいでした。 口には葉っぱみたいなのがくっついてるようですが・・・ (ノートリミング)

DSC_9818a.jpg

DSC_9822a.jpg

DSC_9826a.jpg

↓↓ 少し下の枝に移動。キョロキョロしてまた飛びます。 (ノートリミング)

DSC_9830a.jpg

DSC_9833a.jpg

↓↓ 今度は少し離れた所に移動。上向いたり下向いたり、探してますね。 (ノートリミング)

DSC_9845a.jpg

DSC_9844a.jpg

↓↓ またまた飛び出したら真上を通過して森の奥へ移動してしまいました。 10分間の至近祭りでした♫ (ノートリミング)

DSC_9855a.jpg

↓↓ 再び現れたのは約30分後。池の奥のこのポイントはお気に入りのようですね。まあ水量が少ないのでこのあたりが飛びこむにはちょうどいいのでしょうか。 (ノートリミング)

DSC_9866a.jpg

↓↓ しばし水面を探したら飛びこみました。 (トリミング)

DSC_9894s.jpg

↓↓ 飛びこんだところはあいにくの水没枝の向こう側でしたが、何故かピントは維持。ここから連続で途中まではほぼジャスピンでした。 何か咥えてますが拡大してもよく分かりません。 エビかな? (トリミング)

DSC_9899s.jpg

DSC_9901s.jpg

DSC_9902s.jpg

↓↓ ジャスピンはここまで、このあと急に旋回して追えてません・・・ そして、森の中へ消えて暫く出なくなりました・・・ (トリミング)

DSC_9903s.jpg

↓↓ 13時くらいまで待機しましたが、さっぱり出なくなったので近くの池に移動。しかしこちらも2時間ほど待機してもさっぱりでした。出てきたのはオオアカゲラとホンドリスです。

DSC_9947s.jpg

DSC_9968a.jpg

↓↓ 15時過ぎ、再び最初の池に戻ってみると、遠いところに出ていて、暫くすると少し手前に飛来してくれて撮ることが出来ましたが、これが最後でした。17時過ぎまで粘りましたが、鳴き声はしてましたが姿が見えずでした。 

DSC_9991a.jpg

↓↓ あばよっ! って感じでこのあと池の奥の森へ・・・  (ノートリミング)

DSC_9994a.jpg

↓↓ 最後に、動画です。



永らくの見て頂きありがとうございました。今季のアカショウビンはこれで終了です。たぶん来年も2回くらいは訪れることになりそうです(^-^;)


nice!(10)  コメント(4) 

第2回アカショウビン遠征 【4】 [ヤマセミ/野鳥]

 さて4回目です。すっかり見るのに飽きてしまった方々もいるとは思いますが、今回の遠征では飛び込み、飛翔など動きモノのチャンスが多くて6月よりいろんなシーンが撮れた感じです。今回でラストにしようかと思いましたが、お蔵入りにしてしまうのも勿体ないので記録として出来るだけ掲載しようと思います。飽きた方はスルーして頂ければと思います(^-^;) 

 前回の続きから頻繁に出没するようになりお昼までの間はちょっと忙しかったです。ただ光りが強くて露出にはかなり苦労しました。 ここからは全てあのペアで出たときの個体とはまた違う個体です。 本編1回目の幼鳥の親ということになります。

【機材: Nikon D500/SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM】

↓↓ 前回最後の陽差しのキツイ枝から木陰に移動してしばしまったりしつつも獲物を探しているようでした。(ノートリミング)

DSC_9476a.jpg

↓↓ キョロキョロしてます。たまに上を覗くように見るのは虫をさがしているのでしょうね。 (トリミング)

DSC_9469s.jpg

↓↓ また日向の太い枝に移動。 (ノートリ)

DSC_9488a.jpg

↓↓ 数分で飛び出して・・・  (ノートリ)

DSC_9499a.jpg

↓↓ 少し下の枝に移動。 暑いようでくちばしをこうやって開けることが多かったです。光りが強すぎてくちばしが透けているようになります。 (トリミング)

DSC_9510s.jpg

↓↓ また少し遠い枝に移動。 頻繁に移動を繰り返してましたが、同じ立ち位置で全て見えるわけではないので見えないとカメラ持って移動してました。(ノートリミング)

DSC_9547a.jpg

↓↓ すこし近づいてこちらの枝に飛来して、下の方をしきりに睨んでました。光が強すぎてアカビンが黒くなるのでISOを上げるか強めに+補正でした。 (ノートリミング)

DSC_9572a.jpg

↓↓ そして下に飛び出したら、池から突き出た倒木に飛来。ド逆光並に水面がギラギラしていて普通に撮るとまっ黒になります。上の写真のシーンで露出を変えて置いたのでなんとか羽が透けて見えますが、現像段階でさらに補正してあります。 (ノートリ)

DSC_9588a.jpg

↓↓ 倒木に降り立ち、獲物を探してます。 (ノートリ)

DSC_9593a.jpg

↓↓ そして飛びこんで何かを捕まえたようです。 (ノートリミング)

DSC_9602a.jpg

DSC_9605a.jpg

DSC_9606a.jpg

DSC_9607a.jpg

DSC_9608a.jpg

DSC_9610a.jpg
↓↓ 小さな魚のようです? もしかしたら給餌用か?と思いましたが自分で食べました。さらに飛びこんでましたが全て自分で食べていたようです。 (ノートリ)

DSC_9613a.jpg

↓↓ 何度も何度も飛びこんで、ここだけで随分撮りました。いや撮らされました(^-^;) (ノートリ)

DSC_9643a.jpg

DSC_9664a.jpg

DSC_9681a.jpg

↓↓ 最後に獲物をもって飛び立ちました。今度こそ給餌か!?  と思いましたが自分で食べました・・・(ノートリ)

DSC_9701a.jpg

↓↓ 食べたらまた獲物を探しているようです・・・ 小さいのばかりで食べ足りないのでしょうね。 (ノートリ)

DSC_9725a.jpg

↓↓ 急に、ウゲッと始まりまして。どうやらペレットのようです。 (トリミング)

DSC_9730s.jpg

↓↓ くちばしの先に黒っぽいのが出てきました。 (トリミング)

DSC_9733s.jpg

↓↓ そしてぽとり・・・ 吐き出しました。  (トリミング)

DSC_9735s.jpg

↓↓ 再び獲物を探して、飛び出しました。 (トリミング)

DSC_9736s.jpg

↓↓ さきほどの倒木の近くに突っ込んでまた何かを捕獲したようです。 ぐんぐん上昇して追い切れませんでした。(ノートリミング)

DSC_9752a.jpg

↓↓ 奥の枝に移動。歯の隙間から撮影です。 (ノートリミング)

DSC_9771a.jpg


このあと、どんどん近づいてきて、動きはあまりなかったですが至近祭りでした。

 

nice!(4)  コメント(2) 

第2回アカショウビン遠征 【3】 [ヤマセミ/野鳥]

 アカショウビン遠征の3回目です。前日は僅かな時間に幼鳥などサプライズ的な映像が撮れました。翌日は早朝5時からポイントに入るべく移動。昨日とは違うポイントに入る予定でしたが、とりあえず昨日と同じポイントの状況を見るために入ると既に10名ほど集まっていました。しかも、レンズも構えず情報収集しているとすぐに飛来!! 暫し眺めてましたがやはり撮らないとってことで急いでカメラをセットしてまだ陽も入らない森の中のアカショウビンをしばし撮影。そのうちいなくなり音沙汰無くなったので予定していたポイントへ移動。ここはカメラマンもほとんど来ないプライベート的なポイントです。6月にも至近距離で撮れたので味を占めたのですが・・・ 1時間ほど待っても音沙汰ないので、先ほどのポイントへまた移動すると出てました(^-^;) うーん、やはりこちらの方が頻度は高いようで、午前中は待機することになりましたが、これまたサプライズが起きました。

【機材: Nikon P510/SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM】

↓↓ まだ薄暗い森の中に現れたアカショウビン。 しばらく羽繕いをしたりしていました。静かな始まりです。(ノートリミング)

DSC_9252a.jpg

↓↓ どこかに行ってしまったので、別の池に移動してみましたが、1時間してもさっぱり・・・ 雰囲気のいい苔むした水没枝に来たのはミソサザイの若鳥のようです。(ノートリミング)

DSC_9260a.jpg

↓↓ 痺れを切らして再び朝の池に移動すると、奥の方にアカショウビンが出ていました! 獲物を探しているようで水面をキョロキョロ見ていました。(ノートリミング)

DSC_9261a.jpg

↓↓ 暫くすると急に飛びこみます!! (ノートリ)

DSC_9265a.jpg

↓↓ ちょっと追えませんでしたが、水面から上がるところから連続で撮影。最初はピントが来てましたが、急激に旋回し始めたあたりからピントが外れてしまい、何とか追えてるのに残念な結果に・・・(ノートリミング)

DSC_9271a.jpg

↓↓ いい感じに撮れてます(^o^)/ 咥えているのはドジョウのようです。(トリミング)

DSC_9273s.jpg

DSC_9274s.jpg

↓↓ このあたりまではなんとかピンは来てましたが・・・ (トリミング)

DSC_9276s.jpg

↓↓ 急激に旋回して、どんどんこちらの方へ向かってくるのでピンが外れてしまいました。でも、ヤマセミで鍛えたお陰か何とかフレームインしているのですが・・・ ということで、ピンが来てませんので小さい写真にして1枚にまとめてみました。 最後は速すぎて振り切られてしまいました・・・ (ノートリ)

DSC_9277xx.jpg

↓↓ その後出てこなかったのですが、近くを走る道路の反対側でヒョロロロと鳴いていたので他のカメラマンが高枝に発見! 直ぐに僕も気づいてカメラを向けました。 茂った葉の中のほんの一角からしかまともに見えてなかったようで、皆さん駄目だと諦めムードの中、見つけた人と僕だけでシャカシャカ撮影(^-^;) アカショウビン撮影ではよくある見えてる人と見えない人のシュールな格差です。(ノートリミング)

DSC_9301a.jpg

↓↓ 高枝といっても至近の部類です。光りがあたって赤い色が綺麗に出ますね。この子は後頭部に白班があります。近くの池を縄張りにしている個体のようですが、こんなとこにも出てくるとは・・・ (トリミング)

DSC_9302s.jpg

↓↓ 何かの気配を感じたのかというか、近くでもう一羽いるようなのですが場所がわかりませんでした。(ノートリ)

DSC_9312a.jpg

↓↓ さらに至近の高枝に移動してきました。 羽繕いしたり羽を広げたりと日光浴しているかのようです。(ノートリ)

DSC_9323a.jpg

↓↓ 大きくトリミングしてみます。明るいのでISOを400位まで下げたので解像感も良くなりますね。(大トリミング)

DSC_9338s.jpg

↓↓ しきりに見ていますか、我々にはもう一羽は見えません。このあと動画撮影していたら急に飛び出しまして、ビッグサプライズとなりました・・・(トリミング)

DSC_9341s.jpg

↓↓ 飛んだので肉眼で追ったらなんともう一羽が近くに来て、そこに移動したのです、おそらくオスメスペアだと思いますが、別の枝とは言え、この時期にペア並びが撮れるとは予想外のサプライズです(^o^)/ ズームアウトして2羽をフレームインして撮影です。 下のがメスのようです。(ノートリミング)

DSC_9344a.jpg

↓↓ このペア並びはほんの数秒でして、カメラを構えていた人は僕と3名くらいで他の人は間に合わなかったそうです。(ノートリミング)

DSC_9346a.jpg

↓↓ オスはすぐに飛んで行ってしまいました。メスに休んでないでさっさと給餌用の食料獲って来いと怒られたのでしょうか(^-^;) (トリミング)

DSC_9347s.jpg

↓↓ ヤレヤレ、ちょっと目を離すとサボるんだから・・・と睨んでる?(^-^;)  (ノートリミング)

DSC_9353a.jpg

↓↓ オスが飛んで行ったら今度はメス?が寛ぎ始めました(^-^;) (ノートリ)

DSC_9355a.jpg

↓↓ 大きくトリミングしてみました。いい解像感です。 このあと、メスもどこかへ飛んで行ってしまいました。(大トリミング)

DSC_9357s.jpg

↓↓ 30分くらして再び池の方にアカビンが登場。 快晴で明るいところと暗いところの明暗差が激しくなり森の中は非常に露出が難しくなります。 (ノートリミング)

DSC_9372a.jpg

↓↓ 少し移動してこの枝にきて、キョロキョロと獲物を探してるようでした。(ノートリミング)

DSC_9385a.jpg

↓↓ 何かを見つけたのかこの体勢!! アカショウビンは低姿勢をよくします。(ノートリミング)

DSC_9390a.jpg

↓↓ サッと飛び出して一瞬見えなくなりましたが、違う枝に飛来。上の画面の場所のちょっと左側です。そして、口には何かくわえてます。(ノートリ)

DSC_9410a.jpg

↓↓ 咥え直したり木にこすったりしてました。 (トリミング)

DSC_9409s.jpg

↓↓ こちらを向いたのを大きくトリミングしてみると、どうやらゾウムシのようです。(大トリミング)

DSC_9415s.jpg

↓↓ 何回も木に叩きつけてましたが、甲虫の中でもゾウムシは堅いので、カンッ、カンッと凄い音が響いてました。(トリミング)

DSC_9423s.jpg

↓↓ 叩いて足が取れて飲み込みやすくなったのか、このあとパクッと食べてしまったようです。一瞬のことで撮影出来ずでしたが、堅い甲虫も消化してしまうとは凄いですね。(トリミング)

DSC_9419s.jpg

↓↓ また30分くらい姿を見せませんでしたが、池の真ん中の島?に映える木の枝に飛来。ここから言ったり来たり飛びこんだりと忙しく動き回ってくれました。 暑いのか口を開けっぱなしのときもしばしば・・・ (ノートリミング)

DSC_9449a.jpg


次回は、この続きです。あと1回で終わるかな?(^-^;)


nice!(4)  コメント(4) 
前の10件 | -