So-net無料ブログ作成

秋の尾瀬ハイク 【1】 [尾瀬]

 10月7~9日で秋の尾瀬を散策してきました。もちろん紅葉狙いでしたが、見頃とは言うものの葉が痛んでるのが多くてアップ写真に耐えるようなのは少なかったです。また茶色になってる木々も多くて全体的にはいまいちに印象です。それでも一般のハイカーにはとても美しい紅葉の尾瀬には見えるのでしょうね。 今回は紅葉狩りも出来ましたが、珍しい月夜の白虹も出現して、初日から最終日までまずまず見所があった2泊3日でした。 大量に撮影してますが、大ざっぱにピックアップして掲載します。 まずは土曜日と日曜日の分です。

【機材:K-5IIs SIGMA 17-70㎜F2.8-4 DC MACRO HSM/DA14mm F2.8】

↓↓ 土曜日はお昼過ぎに山の鼻に入りまして、昼食していたら陽差しも出るようになって来たので、思い切って至仏山の森林限界まで登ってみましたら、光と影が織りなす素敵な光景になってました。雲間から差し込む光線が草紅葉の湿原に落ちて綺麗です。奥にはスポットライトのようになっていました。まるで水蒸気が上がってるように見えますが漂ってる雲が輝いているようです。

IMGP4039s.jpg

↓↓ 縦撮りで牛首山をメインに捉えてみました。

IMGP4075s.jpg

↓↓ 森林限界の標識付近の低木の紅葉が見頃でした。

IMGP4012a.jpg

↓↓ 湿原に咲き残るエゾリンドウが哀愁を誘いますね。

IMGP4175a.jpg

↓↓ 夕焼けも無く、夜半前には明るい月が昇ってくるので星空は直ぐに消えてしまいました。ちょっと幻想的です。このあと小雨が降ったりやんだりと忙しい天気でした。

IMGP4200a.jpg

↓↓ 上田代で白虹狙うか迷いましたが、再び森林限界へ登ってしまいました(^-^;)バカです・・・ 付いた頃にはいい感じの雲海と明け方の空でしたが、あっという間に曇ってしまい朝焼けも無く、日の出もわかりませんでした・・・

IMGP4207a.jpg

↓↓ すでに日の出の時間ですがどんよりした空模様。それでも、湿原を漂う霧は激しく動いて生き物のようでした。

IMGP4267a.jpg

↓↓ 山肌に絡みつくようにうごめく霧が印象的です。

IMGP4255a.jpg

↓↓ やっと光が漏れてきました! なんだかいい感じなのでパシパシと撮影。

IMGP4298a.jpg

↓↓ なかなか荒れてこないので諦めて下山。するとピーカンでした(^-^;) 見本園の池塘と燧ヶ岳。

IMGP4349a.jpg

↓↓ 上田代のゆるぎ田代付近。牛首山を背に光を浴びたシラカバの黄葉が輝いて綺麗です。

IMGP4399a.jpg

↓↓ 中田代の池塘に映り込む景鶴山。 紅葉の帯がいい感じです。

IMGP4410a.jpg

↓↓ 下の大堀川のビューポイントから牛首山遠望。 

IMGP4431a.jpg

↓↓ 長沢新道沿いの寺ヶ崎の紅葉。 

IMGP4443a.jpg

↓↓ 東電尾瀬橋付近の紅葉。ここは例年綺麗なところです。

IMGP4495a.jpg

↓↓ 段吉新道付近のミズナラの紅葉が美しかったです。

IMGP4513a.jpg

↓↓ 平滑ノ滝。 向かい側の紅葉も最盛期のようです。

IMGP4519a.jpg

↓↓ 春以来の三条の滝は紅葉の見頃でした。なかなかタイミングが合いませんが今年はいい感じですね。 しかもこの時期にしては水量が多くて迫力満点でした。

IMGP4562a.jpg

↓↓ 滝壺を背景に紅葉。

IMGP4567a.jpg

↓↓ 夜は次第に雲がとれて星空が広がりました。

IMGP4630a.jpg

↓↓ そして、この夜は幻の月夜の白虹が現れました! しかも長い時間出ていて、集まっていた尾瀬仲間や最終的には龍宮小屋の小家主さんまでカメラを持ちだして撮影。初めて見たという月夜の白虹に興奮していました! ハッキリした白虹はなかなか出ませんからほんとうにラッキーでした。 これは十字路で撮影。まだ月の高さが低いので綺麗な円弧になってます。

IMGP4652a.jpg

↓↓ 霧が消えたので小屋で談笑していましたが、気になって外に出てみるとまた出始めていたので、皆さんで出撃! 今度は小屋のすぐ前で撮影出来ました。しかも最初よりハッキリしていてファインダーでも判るくらいでした。 さっきより月の高度が上がり円弧が潰れてきてますね。

IMGP4666a.jpg

↓↓ ここでは1時間くらいも撮影出来ました。大量に撮影しましたが、なかなか思うようには撮れて無くてちょっとガッカリですが、希少な月夜の白虹が撮影出来たのが今回一番の収穫ですね。 月の高度もずいぶん上がってるのでかなり扁平しています。このあと22時くらいには完全に潰れてしまいましたが、まだ出ていました。 ちょうど上空には夏の大三角形が見えていたので縦位置で撮影してみました。虹がギリギリになりましたが、好きな1枚です。

IMGP4681a.jpg

↓↓ 小屋を引き上げてテントのある見晴らしへ。 こちらは霧もほとんどなくて月が煌々と輝き湿原を照らしていました。

IMGP4688a.jpg


次回は最終日の写真などです。


nice!(14)  コメント(7) 

nice! 14

コメント 7

senda

こんにちは。

月光でも白い虹が見られるんですね!
今週末、休みが取れなかったので、急きょ3連休に私も尾瀬に遠征してました・・・。

by senda (2017-10-11 00:47) 

てばまる

sendaさん
 なんとなんと3連休に来ていたのですか!! どこかでニアミスしてる可能性がありますね? ちょっとお顔がうろ覚えで忘れているので気づかなかったかもしれません・・・すいません。
 満月くらいの光量があれば白虹は出ますので、夜霧と満月前後の月が重なるような時は注意しておくと良いですよ。

by てばまる (2017-10-11 01:14) 

鉄まんアトム

狙いどおりの月白虹に興奮された様子がうかがえます。(^0^)
二度の至仏はお疲れ様です。雲に躍動感があってこれはこれですごくいいと思います。
by 鉄まんアトム (2017-10-11 17:19) 

happy

三連休の尾瀬入山、どうもお疲れ様でしたぁ〜

至仏山森林限界から俯瞰した尾瀬ヶ原を漂う雲海がとても素晴らしいですね。

中々見る事の出来ない、月夜の白虹も幻想的で収穫ありのナイトフィーバーでした。

尾瀬は遠のいてますが、こうして写真を拝見してるととても懐かしいです(^^;;
by happy (2017-10-11 23:02) 

てばまる

鉄まんアトムさん
 予想以上の月夜の白虹に満足満足(^-^) しかも大勢で見れたのはミニオフならではでした。
 森林限界までとはいえ連日登ることになるとは・・・おバカにもほどがありますね(^-^;)  しかし曇っていてもこういう動きがあるのは面白いですね。

happyさん
 燧ヶ岳はかなり上まで行かないと俯瞰できませんが至仏山は30分ほど喘げばこういう素晴らしい光景を目に出来るのがいいですね。
 月夜の白虹は、やっぱり難しいです、モニターでは綺麗に映ってると思っても大きい画面にすると薄らだったりします。朝の白虹とは違いコントラストが弱いですね。でも見れただけでもラッキーでした。
 また一段落付いたらまた尾瀬に舞い戻ってきてください(^-^)

by てばまる (2017-10-11 23:43) 

okamoto

てばまるさん、こんばんは。いつもFBでお世話になってるokamotoです。

ちょっとお尋ねしたいことがありまして。てばまるさんのブログやFB見てると山の鼻から至仏山の森林限界まで登ってとありますよね。あそこは登り専用だという認識ですが、森林限界までならそこから下ってもいいのでしょうか?
ちょっと疑問に思いまして。
by okamoto (2017-10-16 19:37) 

てばまる

okamotoさん
 そうなんです、あまり知られてないのですが、「森林限界までの往復は除く」と山の鼻の登山口の看板に書かれてます。私も気になって何年か前に具体的にはどの辺りまで? と、ビジターの人に聞きましたが、そのときの答えはすごく曖昧なもので、ベンチ付近までならOKのような返事でしたので、そこまで行けばそこそこ俯瞰出来ますから。
 要は上の方の道が悪くて登山道を外れたり、急傾斜で下りは危険ということで登り専用という言い方のようで、比較的道がしっかりしてる下部の方は大丈夫という扱いのようです。

by てばまる (2017-10-16 20:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。